2017年01月21日

日テレドラマ話題の“左江内ダンス”誕生秘話 「恋ダンス」もネタにする痛快さ



俳優の堤真一(52)が主演を務める日本テレビ「スーパーサラリーマン左江内氏」(土曜後9・00)が、初回平均視聴率12・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートを切った。ドラマ内容とともに出演者が踊るエンディングダンスが早くも話題に。脚本と演出はテレビ東京「勇者ヨシヒコ」シリーズなどで知られる演出家・福田雄一氏。劇中では他局発で昨年ヒットした「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS)の「恋ダンス」を堤が披露する場面もあり、初回から“コメディーの鬼才”福田氏が本領を発揮している。日本テレビ高明希プロデューサーが“左江内ダンス”誕生の経緯や、撮影現場での秘話を明かした。

あまり期待してなかったけど、けっこう面白いな!

関連の限定アイテムはこちら!
↓↓↓↓↓↓↓

posted by ゆう at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする